インスリン抵抗性

食物を食べ、血液中に「ブドウ糖」が増加するとすぐに、すい臓から「インスリン」が分泌されます。

血中の糖(ブドウ糖)レベルはインスリンによって調節されています。

 

しかし、肥満などによって「インスリン抵抗性」を持ってしまう場合があります。

 

「インスリン抵抗性」とは、ブドウ糖を肝臓や筋肉に渡すインスリンの働きを妨げる物質で、太った脂肪細胞から出される物質です。(糖尿病になる原因のひとつであり、同時に高血圧や脂質異常症の原因にもなるといわれています。さらに、これらの病気は、心筋梗塞、脳梗塞など「動脈硬化症」の原因になるといわれています)

インスリン抵抗性がある人の場合、筋肉や肝臓などをはじめとする様々な臓器が、ブドウ糖を取り込む能力が低下します。そうなると、血糖値が下がりにくくなってしまいます。(血糖値が高い状態になってしまう)

 

血糖値を正常状態に戻すためには、より多くのインスリンが必要となってしまいます。

この状態が続くと、すい臓が疲れてしまい(すい臓のインスリン分泌機能は低下してしまい)血糖値が上昇するために糖尿病(2型)を引き起こすといわれています。