メタボリックシンドロームとは

「メタボリックシンドローム」とは、内臓に脂肪が蓄積した「内臓脂肪型肥満」に加え、高血圧、高血糖、脂質代謝異常が重なった状態のことを指します。

「ウエスト 男性85cm以上 / 女性90cm以上」で、さらにその中で、

  • 最高血圧130mmHg 最低血圧85mmHg以上
  • 中性脂肪150mg/dL以上
  • 空腹時における血糖値110mg/dL以上
  • HDLコレステロール値40mg/dL以下

以上のうち、2項目以上を持つ人を「メタボリックシンドローム」と診断します。

 

メタボリックシンドロームは脳卒中や心臓病の原因となります

メタボリックシンドロームは「動脈硬化」を引き起こし、脳卒中や心臓病、腎臓病をはじめとしたさまざまな病気の原因となります。
血圧、コレステロール値、血糖値の異常が重なると、これらの病気を起こすリスクが高くなるといわれています。

 

内臓脂肪型肥満について

肥満には「皮下脂肪型肥満(洋ナシ形肥満)」、と「内臓脂肪型肥満(リンゴ型肥満)」に分けられます。

特に内臓脂肪型の場合、内臓にたまった脂肪細胞から出される物質により高血圧や糖尿病、脂質異常症などさまざまな病気を引き起こすと考えられています。